サングラスの基礎知識 ブログ

2017年01月27日
疑問解消!「冬にサングラスをかけるのは変?」
冬のサングラスについてのちょっと気になる疑問、「冬にサングラスをかけるのは変?」なのでしょうか。今回は、そんな疑問を解消すべく、冬のサングラスの役割と実用面だけではないサングラスの魅力をご紹介します。

メガネフレームのトレンドはモダンクラシック

サングラスには、紫外線から目を守る効果があるのはよく知られていることですが、その効果の重要性は軽視されがちです。うっかりかけ忘れたり、「冬だから大丈夫かな?」ということはよくありますよね。じつはサングラスの効果にはとても重要な役割があるのです。


 さまざまな眼病予防に


紫外線が目に及ぼす影響は思いのほか大きく、サングラスをかけずに、1日外で紫外線を浴びただけでも、目の充血、ドライアイ、眼精疲労を起こすことがあります。
また、目が紫外線を浴び続けることで、白内障、緑内障、瞼裂斑、翼状片などの眼病リスクが高まることが明らかにされています。サングラスは、そうした眼病予防にも一役買っているのです。

 日焼け予防にも


じつは、肌にあたる紫外線だけでなく、目に入る紫外線も日焼けの原因となります。理由は、目が紫外線ダメージを受けることで、日差しが強いことを脳が強く認識してしまい、メラニン色素を作るよう体全体に働きかけるため。
結果として、ますます日焼けを促進してしまうことになるのです。サングラスは、目を紫外線から守るのと同時に、日焼け予防の役割も果たしています。

油断できない冬の紫外線

では、本題の「冬にサングラスをかけるのは変?」という疑問について。冬は気温が下がり、日差しが弱いように感じられますので、なんとなく紫外線も弱いイメージになりがち。
しかし、実際は夏よりも太陽の位置が低いため、目に入ってくる紫外線量はより多くなるのです。とくに目に有害な紫外線の影響を受けやすいといわれている、11月から3月は要注意。
くわえて、この期間に雪が降ると、雪が太陽光を反射するため、さらに紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。そのため、“冬こそ”サングラスが必要なのです。
ちなみに、冬にかけるサングラスのレンズカラーは、ブラックかブラウンがおすすめです。紫外線カット効果が高いといわれていますので、サングラス選びのポイントとして、覚えておくとよいでしょう。

ファッションアイテムとしてのサングラス

サングラスの大切な役割について詳しくご紹介しましたが、サングラスにはもうひとつの顔、ファッションアイテムとしての役割があります。
各ブランドがこぞって発信するデザイン性の高いサングラスは、セレブファッションを筆頭に、ファッションアイテムとして、もはや外せない存在です。
どうしても濃いレンズカラーが苦手な方には、印象がやわらかくみえる「ライトカラー」のサングラスもオススメです。薄いレンズカラーでも紫外線をカットして目を守る効果は変わらず、しかもオシャレ。トレンドに敏感な方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 サングラスをおしゃれに決めるコツ


おしゃれをもっと楽しむために、ぜひ取り入れて欲しいサングラスですが、サングラスが似合わないと心配する声も。サングラス選びに失敗しないコツは、顔の輪郭に合うものを選ぶこと。一番のポイントは、顔の横幅と同じ、もしくはやや大きめのフレームのサングラスを選ぶことです。
そしてもうひとつ重要なのがフィッティング。サングラスをかけたときに、フレームの上部が眉にかかるか隠れるくらいのフィッティングにすると、違和感なく決まります。
サングラスのおしゃれを楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

サングラスで冬のお出かけをもっと楽しもう!

紫外線から大切な目を守る役割を果たすサングラスは、じつは紫外線の強い冬にこそ必要。その実用性にくわえ、コーディネートを彩るファッションアイテムとしても、もはや外せない魅力的な存在です。
PARIS MIKI ONLINESHOP(パリミキオンラインショップ)では、レイバンやオリバーピープルズをはじめ、人気のブランドサングラスが豊富な品揃え。お気に入りのおしゃれなサングラスを見つけて、冬のお出かけをもっと楽しみましょう!

2017年01月21日
サングラスのサイズの決め方
似合うサングラスを選ぶポイントとなるのが、サイズの決め方。サングラスには、顔の輪郭や特徴にあわせたサイズの決め方があります。今回はサイズ表記の見方や、サイズの選び方についてご紹介します。

サングラスのサイズ表記の見方

サングラスのテンプル部分には、フレームごとにサイズ表記が記されています。テンプル内側にある、「51□20-150」という数字がサイズ表記です。それぞれの数字はパーツごとのサイズを表しており、次のように見ることができます。 例「51□20-150」(単位はすべてmm)
 ・ 51…レンズ幅
 ・ 20…ブリッジ幅
 ・ 150…テンプルの長さ


 レンズ幅+ブリッジ幅がサイズ選びのポイント


サングラスのサイズを決めるには、レンズ幅とブリッジ幅を足したものがポイントとなります。自分がいま使っているサングラスや、店頭で気に入ったサイズがある場合は、サイズ表記を確認して「レンズ幅+ブリッジ幅」を覚えておきましょう。 この数字を覚えておけば、通販サイトなどでのサングラス選びでも、迷うことなく商品を購入することができます。

サングラスのサイズ選び3つのポイント

次に、サングラスのサイズ選びについてみていきましょう。サイズを選ぶ際にポイントとなるのは3つ。それぞれのポイントについて、詳しくご紹介します。


 1.レンズ幅は目の大きさに影響する


  •  ● レンズ幅が大きい→目が小さく見える
  •  ● レンズ幅が小さい→目が大きく見える

サイズ選びのポイント1つめは、レンズの幅。レンズの横幅が大きいサイズを選ぶと、目は小さく見え、反対にレンズ幅が小さいものを選ぶと、目は大きく見えます。 目の大きさは相手に与える印象を左右する重要な部分です。自分がどんな印象を与えたいかで、レンズ幅を調整してみましょう。


 2.フレームサイズは顔の幅とあわせる


フレームのサイズを選ぶ際は、顔幅とあうサイズを選んでみましょう。サングラスをかけたときの印象がスマートで、自然なものになってくれます。 かけた際の印象がアンバランスにならないよう、ブリッジ幅などを参考にしながら似合うサイズ選んでみましょう。


 3.眉毛との距離を調整する


サングラスの上部と眉毛の距離は、サングラス選びではとくに重要なポイントです。サングラスと眉毛の距離が離れていると、眉毛の印象が強くなり、バランスが悪くなってしまいます。 サングラスと眉毛の距離はフレームの縦幅や、ノーズパッドの高さで調整できるため、選ぶ際の参考にしましょう。

輪郭とフレームの相性に気をつける

サングラス選びではサイズだけでなく、フレームの形状も工夫してみましょう。フレームは顔の輪郭と相性があり、輪郭のコンプレックスをカバーする効果があります。 例えば、丸顔の輪郭の場合は、四角いスクエアやブロータイプのフレームを選ぶと、丸い印象を抑えてくれます。自分の輪郭と反対の特徴をもつフレームを選ぶのが、相性のよいフレーム選びのポイントです。

サングラスを選ぶ際はサイズの特徴を参考にする

サングラスのサイズは、かけた際の印象を左右するポイントになる部分です。サイズの決め方や選び方を知って、自分に似合ったサングラス選びの参考にしてみましょう。 PARIS MIKI ONLINESHOP(パリミキオンラインショップ)では、各種ブランドサングラスはもちろん、豊富な種類の品揃えが魅力です。自分にあったサイズや特徴にあわせて、お気に入りのサングラスを選んでみましょう。

2017年01月11日
サングラスの人気の色とは?
サングラスを選ぶ際に迷うのが「色」の選び方。見た目の印象も大事ですが、色ごとのおすすめシーンを知っていると、サングラス選びがもっと楽しくなります。今回はサングラスのレンズの色についてご紹介します。

色選びでおさえておきたい3つのポイント

サングラスのレンズの色を選ぶ際は、次の3つのポイントを参考にすると選び方の幅が広がります。
 ● 特徴
 ● おすすめシーン
 ● 見た目の印象
「特徴」には、視界の見え方やカットしてくれる色の傾向があげられます。「おすすめシーン」とあわせて、自分がサングラスを使う場所をイメージしながら選んでみましょう。
ファッションとしてサングラスを身につけたい場合は、「見た目の印象」を参考にするのがおすすめです。色の効果を活用して、見た目の印象を演出してみましょう。

【色別】サングラスの特徴をご紹介!

ここからはそれぞれの色別に、特徴やおすすめシーンなどをみていきましょう。


 グレー系


グレー系はサングラスの色の中でも定番の種類。まぶしさをもっとも抑える効果があり、レンズからの視界も自然な見た目に保ってくれます。ドライブやマリンスポーツなどにおすすめで、クールで大人っぽい印象からファッションアイテムとしても重宝します。


 ブラウン系


光のコントラストをはっきりとさせてくれるブラウン。まぶしさをしっかりとカットしてくれるので、ゴルフなどのフィールドスポーツにはうってつけです。また、顔の彫りを深く見せてくれることから、はっきりとした印象を与えてくれるのも、ブラウン系のおすすめポイントです。


 グリーン系


レンズからの視界を自然なものにしてくれるのがグリーン系。サングラスの色のなかでも用途の幅が広く、海・山・空のどのレジャーにも対応できます。目元を明るくみせてくれる効果もあり、顔の印象を華やかにするおすすめの色です。


 ブルー系


ブルー系のサングラスには、黄色やオレンジなど、人がまぶしいと感じる色をカットする効果があります。ヘッドライトの光をカットできるため、車の運転やサイクリングなど、ドライブシーンにぴったりです。クールで爽やかな見た目は、涼しさを感じたい夏の季節におすすめです。


 イエロー系/オレンジ系


イエローやオレンジ系のサングラスには、視界を明るくしてくれる効果があります。くもりの日や雨の日、夕方など、視界が悪くなる環境にはイエローやオレンジ系のサングラスをかけてみましょう。また、インドアスポーツでも、視界を明るく保ってくれるのでおすすめです。


 ピンク系


ピンク系のサングラスには、日差しをカットする効果はほとんどありません。そのためファッションアイテムとしての用途が中心となります。ピンクは肌の色を明るく見せ、健康的な印象を与えてくれます。かわいらしさも演出できるため、女性を中心に人気を集めるサングラスの色です。


 クリア


クリアレンズのサングラスにも、多少ですが光のまぶしさを抑える効果があります。サングラスのデザインをダテメガネとして使いたい方や、色はつけたくないけど紫外線をカットしたい方はクリアレンズのサングラスを選んでみてはいかがでしょうか。

色の特徴を知ってサングラスを使いこなす

サングラスの色には、遮る色やおすすめシーン、相手に与える印象などそれぞれ特徴があります。色がもつ特徴を知って、シーンにあわせたサングラスを使いこなしましょう!
PARIS MIKI ONLINESHOP(パリミキオンラインショップ)では、豊富なサングラスのなかから、お好みの色のアイテムをお選びいただけます。ご紹介した色の特徴を参考に、お気に入りのデザインをお探しください。

2017年01月10日
【具体例でみる】知っておきたいサングラスの修理
「壊れてしまったサングラス、修理したいけどどこでできるのかわからない」というお悩みをお持ちの方も多いはず。大切にしているサングラスは、長く使い続けたいですよね。今回はサングラスの修理についての疑問を、具体例をあげながらご紹介します。

まずは修理できるか確認を

高額なブランドサングラスはほとんどの商品が修理可能ですが、気軽に買える低価格のサングラスの場合、そもそも修理できないことも。修理を依頼したあとで「このサングラスは修理対応できなかった」ということがないように、自分の持っているサングラスが修理可能か、事前に電話等で問い合わせてみることをオススメします。

購入したお店に修理を依頼する

サングラスが破損したり変形した場合、自分で直そうとせず、まず購入したお店に修理を依頼してみましょう。簡単な修理で済むことも多く、自分で直そうとすることでさらに破損が広がるのを防ぐことができます。購入時の保証書などがあれば、あわせて持参しましょう。


 他店のサングラスも修理可能


気になるのが、「ほかのお店で購入したサングラスも修理できるのか」ということ。特殊なフレームや、一部対応していない店舗もあるようですが、基本的にはどのお店でも修理の対応をしてくれます。

買ったお店が遠い場合や、通販で購入した場合は、近くのメガネ屋さんに相談してみましょう。

具体例でみるサングラスの修理

では、実際にサングラスを修理する場合、どんなケースが考えられるのでしょうか。具体例をあげながら、ひとつずつ確認していきましょう。


1.サングラスのフレームが折れた・変形した

まずは、サングラスの修理のなかでも多い、フレームの折れや変形です。


 変形は素材ごとに修理方法が違う


金属製のフレームは、専用の工具を使って修理することができます。また、プラスチック製のフレームの場合、温風を使ってゆっくりと変形箇所を直していきます。

注意したいのが、特殊な素材を使っているもの。この場合、フレームそのものを取り換えなくてはならないため、修理に対応できないことを覚えておきましょう。


 フレームが折れても自分でくっつけない


フレームが折れた場合、応急処置として接着剤を使った経験はないでしょうか。接着剤をつけると、折れた部分の凹凸が激しくなるほか、専用の溶剤がくっつかなくなる恐れがあります。

フレームの折れは専用の溶剤や金具を使うことで、今までと変わりない状態に戻すことができます。サングラスのフレームが折れたときは慌てずに、お店に修理を依頼するのがおすすめです。

2.ネジがゆるんだ・紛失した

サングラスに使われているネジは、年数とともに劣化し、サビやゆるみ・紛失の原因となります。ネジ部分はお店で交換することができるので、ゆるみやぐらつきが気になり始めたら、修理をお願いしてみましょう。


 レンズ外れの原因もネジのゆるみ


サングラスのレンズが外れてしまった場合も、ネジのゆるみが考えられます。レンズ部分のネジを修理・交換することで直すことができるので、お店で確認してみましょう。

また、レンズ部分にあるナイロン糸が切れることも、レンズ外れの原因のひとつ。この場合もナイロン糸の交換で修理が可能です。

3.鼻パッドが外れた・破損した

鼻パッドは、つねに顔と接触しているため、劣化が早い部分です。金属製のパッドであれば、簡単に交換することができます。

プラスチック製のパッドが折れたり、欠けたりした場合は、専用の溶剤で修理するほか、機材でかどを削るなどしてくれるので、お店に相談してみましょう。


 カスタマイズするのもオススメ


かけ心地にこだわりたい場合には、鼻パットの素材を交換してみるのもおすすめです。鼻パッドがついているフレームであれば、シリコン製やメタル素材のパッドに交換することができます。セルフレームであれば、ついているパッドを高く加工したり鼻パッドをつけたりすることも可能。お気に入りのサングラスを快適にかけられるように、カスタマイズにもこだわってみましょう。

サングラスの修理はまずお店に相談することから

お店でできるサングラスの修理は、ネジ交換など軽微なものから、フレームの割れなど甚大なものまで幅広く対応できます。

PARIS MIKI ONLINE SHOP(パリミキオンラインショップ)では、購入したサングラスの修理やメンテナンスを、全国のパリミキ店舗で行っております。通販サイトでお気に入りのアイテムを購入し、メンテナンスは最寄りの店舗で行うことが可能。

アフターサービスまで満足いただけるPARIS MIKI ONLINE SHOP(パリミキオンラインショップ)を、ぜひ一度お試しください。

2017年01月06日
形別にサングラスの種類一覧を紹介
サングラスを選ぶ際に迷うのが、どの種類を選べばよいのか。サングラスは種類ごとにそれぞれ特徴があり、自分に似合う形を選ぶことが大切です。今回は種類ごとの特徴や、似合う顔の輪郭をご紹介します。

 1.スクエア

角ばった長方形が特徴の「スクエア」タイプ。スクエアはシンプルでシャープな印象を与えるため、プライベートはもちろん、ビジネスやスクール用としてもおすすめです。


丸顔をシャープにみせる


スクエアは、丸顔や三角顔の輪郭におすすめの形状です。丸顔や三角顔は、顔の横幅が大きく見えてしまいます。スクエアのサングラスをかけることで、シャープですっきりとした印象を与えることができます。

スクエアタイプのサングラス

 2.ウェリントン

逆台形型のフレームが特徴の「ウェリントン」。オーソドックスな形状は時代や流行に左右されないおしゃれさが魅力。どこかレトロな雰囲気もおすすめです。


面長顔とのバランスがよい


ウェリントンはフレームのバランスがよく、面長顔の輪郭によく似合います。サングラスの存在感も適度に感じられるので、個性を発揮したい場面におすすめです。

ウェリントンタイプのサングラス

 3.フォックス

きつね目の形状が特徴の「フォックス」。目尻にかけて上がっていくフォルムは、エレガントでセクシーな印象を与えてくれます。鋭いラインが、大人の魅力を引き出してくれるアイテムです。


ゴージャス感を演出できる


フォックスタイプは丸顔や三角顔の輪郭におすすめです。鋭い形状が、顔の印象をシャープにみせ、ゴージャス感を演出してくれます。

フォックスタイプのサングラス

 4.ボストン

やわらかく落ち着いた印象を与えたいなら、「ボストン」タイプがおすすめです。フレーム上下の幅を広めにすることで、やさしく知的な印象を引き出してくれます。


逆三角形の形状で個性を発揮


ボストンタイプは、逆三角形で個性が際立つ種類です。身につける際はハードルが高く感じますが、面長顔や四角顔の輪郭には、やさしい印象を与えてくれます。三角顔の輪郭にもフィットするので、思い切って挑戦してみたいサングラスです。

ボストンタイプのサングラス

 5.ティアドロップ

涙のしずくを連想させる「ティアドロップ」。大きなレンズが特徴的で、サングラスのなかでも定番の種類として知られています。存在感ある形状は、ワイルドで個性的な印象を与えてくれます。


しっかりとサングラスを主張できる


ティアドロップタイプは、レンズの大きさからしっかりとした存在感を主張できます。サングラスの印象が弱まってしまう面長顔の輪郭などにはぴったりの種類です。

ティアドロップタイプのサングラス

 6.オーバル

楕円形のフレームが可愛らしい「オーバル」タイプ。卵を2つ並べたような形状は、女性に人気のサングラスです。オーバルはスタイリッシュな印象を与えてくれるため、流行に敏感な芸能人もこぞって愛用しています。


四角顔を楕円が中和する


オーバルタイプのサングラスは、四角顔の輪郭におすすめです。楕円形の形状が、四角顔の印象を中和してくれます。とくに太めのフレームを選べば、よりやわらかい印象を引き出してくれます。

オーバルタイプのサングラス

 7.ラウンド

丸形のフレームが特徴の「ラウンド」。きれいな円形の形状は、知的でやさしいイメージをあたえてくれます。どこかミステリアスな印象を感じさせるのも、ラウンドタイプの魅力のひとつです。


やさしさと個性を兼ね備えたサングラス


ラウンドタイプはやさしい印象ながら、しっかりと個性を発揮できるサングラスです。四角顔の輪郭にはとくに似合い、かける人の魅力を引き出してくれます。

ラウンドタイプのサングラス

 8.サーモント

フレームの上部が太い眉のような形状をしている「サーモント」。特徴的なその形は、個性的でクラシカルな印象。やや個性が強く感じる場合はレンズのカラーを変えてみましょう。印象ががらりと変わりおすすめです。


個性ある印象は丸顔タイプにおすすめ


サーモントは、個性ある形状がサングラスの存在感をしっかり主張してくれます。おすすめなのは丸顔タイプの輪郭。やわらかい印象にアクセントを加え、個性あふれる魅力を引き出します。

サーモントタイプのサングラス

 9.ボスリントン

ボストンとウェリントンの魅力をミックスさせた「ボスリントン」。ボストンの丸みと、ウェリントンの台形をかけ合わせた形状が特徴です。


丸顔にも似合う「ボストン型」サングラス


ボスリントンはボストン型の形状ながら、ウェリントンの台形をミックスしているので丸顔タイプにもおすすめ。ボストン型が似合わないと諦めていた方には嬉しい種類のサングラスです。

ボスリントンタイプのサングラス

 自分にあうサングラスの種類を選ぶ

サングラスはそれぞれの種類ごとに似合う輪郭やタイプがあります。種類ごとの特徴や相性を参考にしながら、自分にぴったりのサングラスを選んでみましょう。
PARIS MIKI ONLINESHOP(パリミキオンラインショップ)では、豊富な種類のサングラスを取り揃えているので、お好みのタイプをゆっくりとお選びいただけます。あなたに「似合う」サングラスを、ぜひ当店でお探しください。